診療科・部署のご案内

看護部のご紹介

ご挨拶

看護部長 濱野もと枝
東朋八尾病院は、昭和63年に開設され以来病院の理念の基、地域医療の追求と実践をテーマに地域住民の皆さまに愛される病院として”傾聴・笑顔・思いやり”のある看護を看護理念として日々努力しております。 そして、地域の変化・時代の変化にこたえる為、平成21年4月に新築移転し、健診センター・透析センターの開設、リハビリテーションの充実、MRI・マンモグラフィーの導入などを行い、さらなる地域へ根ざした病院づくりを目指しています。 また、病・病連携、病・診連携を密にし、ターミナル期・呼吸器管理から在宅支援までさまざまな患者様・ご家族様に対し、個々のニーズに合った看護を提供する為にスタッフ一同日々精進しています。 看護部では、既婚者や子育て期の職員が多い為、ワークライフバランスに配慮し働きやすい、長く勤められる職場環境を作っています。

看護部の理念・基本方針・目標

看護部の理念

傾聴・笑顔・思いやりの心を持って、患者様に満足していただける看護を目指します。

看護部基本方針

  • ① チームワークを密にし、個々のニーズに合った看護を提供する。
  • ② 医療事故防止に努め、安全で安楽な看護を提供する。
  • ③ 専門職としての自覚を持ち、自己研鑽に努める。

看護部目標(平成24年度)

  • ① 安定した人材確保及び定着を図る為、新入職員を全てのスタッフで支援する。
  • ② 教育・研修体制の構築を図る。
    • ● 人材育成
    • ● 症例研究
    • ● 学術集団会への積極的な参加
  • ③ チーム医療における看護の充実
    • ● 他職種を含めたカンファレンスの充実
    • ● 地域連携の充実
  • ④ 5Sの推進

教育研修体制

看護部の教育方針

病院及び看護部の理念に基づき、専門職として質の高い看護サービスを提供するための自己研鑽に対して援助する。

看護部教育目的

専門職としての問題解決能力、創造性、対人関係を高め信頼される看護職員を育成する。

看護部教育目標

研修テーマ 内容
4月 オリエンテーション 看護職員として必要な基本姿勢 ・病院概要(理念・目標) ・接遇マナー ・医療安全 ・感染管理(標準予防策) ・感染性廃棄物の基準・個人情報保護 ・災害時の対応 ・看護倫理
看護技術Ⅰ 臨床患者への生活援助技術 ・環境整備 ・排泄援助 ・活動、休息援助 ・清潔、衣生活援助
5月 看護技術Ⅰ〜Ⅱ ・部署の構造 ・1日の業務の流れ ・患者情報の管理 ・与薬 ・バイタルサインの測定 ・食事援助 ・血糖測定・経管栄養・吸引 ・患者情報収集
6月 看護技術Ⅰ〜Ⅱ ・指示受け(リーダー)業務 ・麻薬、向精神薬 ・輸血 ・DC ・フィジカルアセスメント ・残された基本技術を習得
7月 看護技術Ⅱ ・救命救急処置技術 ・死後の処置  ・危険薬 ・心電図 ・人工呼吸器 ・シリンジポンプ、輸液ポンプ
3ヶ月フォーローアップ ・3ヶ月間の振り返り ・チェックリスト確認
8月 看護技術・業務 ・感染防止 ・安全管理 ・安楽確保 ・ミキシング ・インシュリン ・採血・点滴管理 ・注射・静脈注射・患者の受け持ち ・看護記録
9月 夜勤導入  ・褥瘡、NST
6か月フォローアップ 6ヶ月間の振り返り ・チェックリスト確認
10月 ・夜勤デビュー ・検査介助
11月 ・リーダー導入 ・チェックリスト確認
12月
1月
2月
3月 12ヶ月フォローアップ 12ヶ月間の振り返り ・チェックリスト判定

新人看護師年間スケジュール

図をクリックすると拡大表示されます

看護師研修計画

  • ① 褥瘡委員 ・・・ 褥瘡予防、体位変換、ポジショニング、エアーマットの選択
  • ② 記録委員 ・・・ 記録の意義、基準、記入方法、看護計画
  • ③ 検査科  ・・・ 検体の取り扱い、院内の検査方法、輸血の取り扱い
  • ④ 医療機器 ・・・ 機器の安全な取り扱い方
  • ⑤ 薬剤科  ・・・ ハイリスク薬、混合禁忌薬品、インシュリン
  • ⑥ 教育   ・・・ 職場適応のサポート
  • ⑦ 技術   ・・・ レントゲン、造影についての注意事項

病院施設見学のご案内

メールフォームよりお問い合わせ・お申し込み下さい。 追って担当者より連絡させていただきます。 メールフォームページはこちら