東雄苑について

施設長挨拶

今後、加速度的に進行する人口減少や少子高齢化を念頭に、老人保健施設のあるべき姿である 「在宅復帰の促進」や「地域のリハビリテーション拠点」「ターミナルケア」など、様々なニ ーズに応えるべく邁進する所存にございます。
ご利用いただくすべての方々に対し、安心・安全を基本とし、機能回復・自立支援に向け、 従業員一丸となって尽力いたしますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

介護老人保健施設 東雄苑
施設長 髙野 久輝

事業の目的

介護保険法令の趣旨に従って、施設のサービス計画による入所者等に対する看護、医学的管理のもとに介護、機能訓練その他必要な医療ならびに日常生活上のお世話を行うことにより、入所者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、その者の居宅における生活への復帰を目指すことを目的とさせていただいております。

運営方針

当施設は、目的を達成するため、入所者の意思及び人格を尊重し入所者の立場に立って、それぞれの状態に応じた医療、看護、介護サービス、相談業務を提供し、明るく家庭的な雰囲気を有し、地域や家庭との結びつきを重視した運営を行います。
サービス提供にあたっては、入所者の所在する市町村、居宅介護支援事業者その他の保健医療サービス又は福祉サービスを提供する者との密接な連携に努めてまいります。