第12回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科 学会参加

2020年12月17日(木)~19日(土)
第12回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会に、奥田医師、理学療法士2名、手術室看護師2名が参加しまして、論文発表を行いました。
奥田医師
「ペグ固定タイプのセメントレスTKAの短期成績と脛骨component周囲の骨透亮像のX線評価」
理学療法士
「BCR型TKAを施行した症例の関節可動域制限の対し関節鏡視下受動術を施行した1症例」
「同一機種のCR型TKAにおける膝蓋骨置換と非置換の短期成績の比較検討」
コロナの影響で、リモートでの参加になりましたが、今後も、当院では、積極的に論文発表を行って参ります。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です